ストリンダー 育成論

ストリンダー

 タイプ

でんき・どく

 特性

パンクロック / プラスorマイナス / テクニシャン

 重量威力(けたぐり等)

60

 種族値
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
75 98 70 114 70 75 502

個別考察

家庭環境によって、エレズンから進化したときの姿が変わる面白い特徴を持つポケモン。
平たく言えば、陽キャか陰キャかという話です。

種族値は平均的ですが特攻はそれなりに高く、旅パではとても扱いやすいステータスを持っています。
共に冒険したトレーナーもきっと多いはずです。
対戦環境においては、特性や技レパートリーに恵まれない限り平均的なポケモンは淘汰されて行きがちなので、人気なのは今だけかもしれませんね。

新特性《パンクロック》は音技に限り威力を1.3倍にする火力特性です。
自身の特攻の高さと相まって《ばくおんぱ》との相性は抜群。
また、音技は身代わりを貫通するという隠れた効果もあるので、身代わりを戦術の主軸に置く系のポケモンには目の上のたん瘤となることでしょう。
プラスマイナスはシングルバトルでは死に特性なので、基本的にロッケンロールでOKです。

電気・毒という新しいタイプ複合は、地面タイプに非常に脆く、サブウェポンに採用されやすい地震によって各所から大ダメージを受けます。
耐久種族値的に受けたら死ぬと思っていいぐらいです。
耐性自体は悪くなく、草や格闘など痒いところに手が届くような何とも言えない感じですね。
繰り出せなくはないです。
ただ、必ずしもこちらの攻撃で弱点を突けるという役割関係ではないので絶妙に何とも言えないのです。

技考察

 オーバードライブ

ロッケンロールで威力104。雷には及ばないものの、命中率が安定しており非常に扱いやすい電気技となります。
水タイプや飛行タイプへの役割遂行技として必須です

 ボルトチェンジ

得手不得手がハッキリしているため、地面タイプ以外の相手に引き先全てに対応し得るこの技もまた必須級です

 ヘドロウェーブ

フェアリー、草タイプへの遂行技。
カプ・コケコがいたらめっちゃ撃ちたい技ですね。
追加効果重視のヘドロ爆弾とは選択肢でいいです

 ばくおんぱ

デメリットは特になく、身代わりを貫通する威力182の大技

 ほのおのパンチ

ここまでのすべての技の通りが悪いドリュウズ、ハガネールへの打点となる技ですが、交代際にしか撃つ隙が無いので入れる必要はないでしょう

 みがわり

相手の身代わりは無視する癖にドヤ顔で身代わりを置く陰キャ。
アンコールと併用して、ドリュウズを呼んだ際に剣舞か地震で縛ることができますが、ダイマックスでの解除までは防げません

 アンコール

上述の通りです。
技範囲が狭い分、逆に技スぺが余るとも言えるのでいっそペアで採用してもいいかもしれません

 どくどく

カビゴンなどの特殊耐久オバケに撃ち得。
めんえきだったらエア土下座で切り抜けましょう

型紹介

・ハレルヤオーバードライブ

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/たべのこし/こだわりスカーフ/こだわりメガネ
技構成:オーバードライブ/ばくおんぱ/ボルトチェンジ/ヘドロばくだん

めざパ廃止の福音が聞こえてきます(苦笑)
技ラインナップの都合上得手不得手がハッキリしているポケモンなので、ボルチェンが透かされないようにだけ注意して立ち回りましょう。
個人的には毒の固定ダメージが美味しいと思っているので、毒技はヘドロ爆弾のほうが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。