ガラルファイヤー 育成論

ガラルファイヤー

タイプ

あく・ひこう

 特 性 

ぎゃくじょう

 重量威力(けたぐり等)

80

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
90 85 90 100 125 90 580

個別考察

ファイヤー、悲願のイベルタル化に成功。
特殊耐久が高く、《はねやすめ》が欲しかったところですが、《わるだくみ》を積む機会を生みやすく、《じゃくてんほけん》との相性は良さそうです。
耐性的にゴーストエスパーに強いので、役割遂行に適します。

また、素早さは若干低いですが、ダイジェットからスピードを上げていけるのは非常に強力で、火力を上げた状態から等倍の範囲が広い悪技《もえあがるいかり》で制圧を狙っていきたいですね。
しかしながら、覚えられる技の範囲は狭めなので、悪技の一貫性に頼りがちとなります。
特に、バンギラスに手も足も出ないのは非常にまずいですね。

火力をとりつつ、《おきみやげ》などの補助技を使って後続のサポートをするといった+αの仕事を与えてみるのも一考でしょう。

技考察

もえあがるいかり

ガラルファイヤー専用技にして、悪の波動の上位互換。
メイン火力かつ、怯みによる無限の勝ち筋となる最強技です。

ぼうふう

特殊飛行最高火力。
素の状態で撃つと命中に不安があるため、ダイマックス前提の技です。
威力はガクッと落ちますが、怯みが狙えるエアスラもあります。

げんしのちから

数少ない他タイプ特殊技。
追加効果こそ強力ですが、狙って出せるものでもなく、技範囲の拡張という観点では微妙です。

はかいこうせん

技範囲狭いポケモンあるある。
ダイアタック化すると相手の素早さを下げることができ、最低限の火力も出るので無しではないですね。
反動がなく、身代わりを貫通するハイパーボイスでもいいでしょう。

とんぼがえり

サブウェポンを持たない分これ一枠でカバーします。
Aを下げると思うのでサンダーほど威力は出ませんが、対面操作しながらタスキや化けの皮を剥がせるのは強力。

ふいうち

タイプ一致で撃てるので、敢えてAを下げずに採用するのもアリ。

イカサマ

ガブリアスなど強引に剣舞しようとするポケモンに刺さります。
技スぺ的に余裕はないか。

わるだくみ

等倍で一貫しやすい悪飛行技を最大限に活かす積み技。
微妙な素早さはダイジェットなどでサポートしたいところ。

おきみやげ

ビートダウンしつつ、死に際に文字通り置き土産を残すことで後続の動きをサポートできる技。

型考察

弱点保険型

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:CS252
持ち物:じゃくてんほけん
技構成:もえあがるいかり/ぼうふう/ハイパーボイス/わるだくみ

高めの耐久で弱点保険を発動しつつ、ダイマックス下で追加効果や逆上の特攻UP効果を活かしながら戦います。

役割遂行型

性格:ひかえめ/おくびょう/ずぶとい
努力値:CS252/HB252
持ち物:オボンのみ/回復実/ラムのみ/カムラのみ
技構成:もえあがるいかり/ぼうふう/とんぼがえり/おきみやげ

耐性によりゴースト、エスパーに対して遂行しながら、蜻蛉でサイクルを回したり、置き土産によって後続サポートを狙います。
と言いつつ、ステロが抜群で通ってしまうのでサイクル戦には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。