ドラパルト 育成論

ドラパルト

タイプ

ゴースト・ドラゴン

 特 性 

クリアボディ / すりぬけ / のろわれボディ

 重量威力(けたぐり等)

80

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
88 120 75 100 75 142 600

個別考察

ついに発売されたポケモン新作。
バトルマニアにとって、新ポケモンの醍醐味と言えばやはり600族と準伝説ですが、ドラパルトは600族にあたります。
ちなみに600族というのは、合計種族値が600に設定されていて、通常対戦ルールで使用できるポケモンの中ではステータスがトップクラスのポケモンたちを指しています。
つまり、600族に属するポケモンは弱いはずがないのです。

ゴースト・ドラゴンというタイプ複合は、無効・半減にできるタイプが多く、ふるわない耐久種族値とは裏腹に繰り出し性能は悪くありません。
また、素早さ種族値142という破格のスピードを持っているため、基本的に相手より先に動くことができます。
ちなみに竜舞後は、砂嵐下のドリュウズよりも速いです。

一撃で相手を倒すことができるのであれば、素早さが持つ優位性というのはポケモンバトルにおいて鍵になる要素と言えるので、攻撃力の高さと相まってドラパルトはトップメタ足り得ているわけですね。

ASに目が行きがちなので竜舞による全抜きがまず考えられます。
しかしながら、今作ではダイマックスという誰でも3ターンのあいだ耐久を倍にできる要素が追加されたので、中途半端に能力を上げたところで、いつ全抜きを阻止されてしまうかわからないような環境です。
バトンタッチ・とんぼ返りのような技による交代や、鬼火・電磁波などの搦め手、特攻100という決して低くはないステータスから特殊技を撃ち分けることで、苦手なポケモンを呼びこみ役割破壊する等、戦術に幅を持たせることができるドラパルトの特徴を大いに活かして、相手を崩していきたいですね。

うっかり特性も強力なラインナップが揃っていて、特に身代わりを無視して攻撃できる『すりぬけ』はドラパルトの攻撃性能を洗練させますし、威嚇が効かなくなるクリアボディも優秀です。

ドラパルトミラーでは双方一撃で勝敗が分かれるので、タスキorスカーフ判別とダイマックス権を切るか否かという不毛な読み合い(もはや運ゲー)に勝ちきれるかというのが早くも剣盾名物となっています。

技考察

げきりん

ドラゴン物理技最高威力。
竜舞後の打点として使いたいため、相手の鋼やフェアリータイプをあらかじめ疲弊させておきたいです

ドラゴンアロー

威力50の2回攻撃によってタスキや頑丈を潰しつつ攻撃ができる技です。
フェアリーに無効な以上、連続攻撃を持っていてもミミッキュには効かず、殺意は増すばかり

ゴーストダイブ

1ターン目に姿を消して2ターン目に攻撃する技。
空を飛ぶやダイビングと違い、どこからともなく現れるので守るといった技では防げないため、ギルガルド対面でめんどくさい択ゲーを未然に防げるはずです。
1ターンの猶予で相手の交換を許してしまいますが、ゴーストタイプは等倍ダメージが多いので一貫性が高い点は美味しいです

とんぼがえり

ゴースト・ドラゴン共に等倍によるゴリ押しが得意な性質を持っていることから、相手のポケモン入れ替えを誘発しやすく、相手の交代を見てから有利な対面を作れる蜻蛉は非常に相性がよく、バンギラスに効果抜群なのもポイントが高いですね。
素早さの高さも相まって、こちらが不利対面時の交代をする際にもダメージを与えながら行うことができるので強力なサブウェポン足り得ます

ふいうち

相手が攻撃技を選択している場合にのみ成功する先制技。
悪技なのでタイプ不一致にはなりますが、素早さ負けしている状況でも競り負けなくなるため、強力な手札になると想定されます

サイコファング

鋼や悪を呼びやすいポケモンなので、エスパー技のサブウェポンは基本的に不要ですが、ダイマックス下で使うとサイコフィールドによりミミッキュの影撃ちを防げるというのはちょっと魅力的ですね

りゅうせいぐん

ドラゴン特殊技最高威力。 物理数値受けに対して手痛いダメージを与えることができます

ハイドロポンプ

バンギラスに有効打点が取れる水技。
天候を雨で上書きすれば砂効果による特防UPも消すことができるので、役割破壊技となります

だいもんじ

特殊炎技で、呼ぶ鋼タイプへの役割破壊になったり、素早さを上げておけばドリュウズに勝てるという優位性を活用できます
威力安定の火炎放射でもいいでしょう

10まんボルト

ドラパルトから見た電気技はあまり強みがないように感じます

りゅうのまい

高いASを存分に活かす積み技。
基本的には竜舞全抜きがスタンダードな戦術になるだろうし、苦手なポケモンを呼んでも上からバトンで逃げられるのも強みです

バトンタッチ

蜻蛉返りとは選択になると思われますが、積み技や身代わりを使わないのであれば蜻蛉に軍配が上がります。
バトンパというトリッキーな戦術下での活躍も期待できます

おにび

高い戦闘能力を落としかねない技ではありますが、序盤から確実に仕事をこなしていきます。
呼ぶバンギラスにも良い刺さり具合です

でんじは

どちらかと言えばバトンや搦め手を使って動きたい場合に、相手の素早さを半減させたり1/3ぐらいの確率で相手を動けなくさせることができるため強力です

型考察

竜舞型

性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/りゅうのプレート/きあいのタスキなど
技構成:ゴーストダイブ/げきりんorドラゴンアロー/とんぼがえり/りゅうのまい

カイリューやボーマンダほどA種族値は高くありませんが、竜舞展開はアツいですよね。
サブウェポンがさほど充実しておらず、霊・竜の一貫性をどうやって作っていくかが勝負のポイントとなりそうです。

特殊型

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ/きあいのタスキ
技構成:りゅうせいぐん/だいもんじ/ハイドロポンプ/とんぼがえり

耐性を利用した強引な繰り出しによって有利対面を作りつつ、高火力の技で相手の後続に負荷をかけていきます。
C100と数値はだいぶ心許ないので、メガネやダイマックスで火力を底上げしたり、追加効果による天候展開などにも繋げていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。